ベガリアQ&A

MENU

Q.ベガリアと他の精力剤やサプリメントは飲んでいいの?

 

A.精力剤の合わせ飲みはおすすめできません

一般的なビタミンサプリは一緒に飲んでも理論上悪影響はないと思われますが、あくまで個人で判断して摂取するサプリメントですので、毎日の摂取量とそのサプリメントに配合されている成分を考えて、栄養成分の過剰摂取にならないように注意して飲みましょう。

 

 

飲み合わせは成分を過剰に摂取してしまう行為

 

ベガリアにはシトルリンやアルギニン、マカや亜鉛などの精力増強成分が含まれていますが、これは主にアミノ酸とミネラル、酵素といった成分ですので、ビタミン類のサプリメントを合わせて摂取しても栄養成分の過剰摂取にはなりにくいと言えます。

 

しかし、中には過剰に摂取してしまうと、体調不良といった副作用を引き起こす成分があります。

 

それは亜鉛やミネラルです。

 

これらの成分はベガリアには有効成分として配合されています。毎日の摂取サプリメントがベガリアだけであれば、あまり気にすることはないのですが、ベガリアの他に亜鉛やミネラルが配合されているサプリメントを一緒に摂取すると、カルシウムや亜鉛、ミネラルなどの過剰摂取により、体調を崩してしまう可能性があります。

 

どんな体調不良を引き起こす可能性があるのかというと、吐き気やめまい、胸やけといった症状が出る恐れがあります。場合によっては症状が深刻化し、貧血や免疫障害を引き起こしてしまう可能性も考えられます。

精力剤を合わせ飲むことも危険行為

サプリメントのみならず他の精力剤を合わせて飲むのもやめた方がいいです。

 

精力剤全般的に言えることですが、配合されている成分の種類というのは似ているものが多いです。ですので複数の精力剤を同時に摂取するということは、結局成分が重なってしまうということであり、その結果過剰摂取になる可能性があるのです。

 

個人の判断で複数の精力剤を合わせて飲むのは非常に危険な行為なのです。

 

そして医薬品指定成分が含有された勃起薬や、早漏防止薬などとの併用もやめましょう。

 

ベガリアは医薬品ではないので医薬品指定成分は配合されていません。ですので薬と薬の飲み合わせには該当しませんが、やはり勃起薬や早漏防止薬といった薬の性質上、医薬品指定成分の他にサプリメントや精力剤にも配合されているような成分も入っていると思われます。

 

そうなるとやはり過剰摂取になってしまう恐れがあります。

 

実は、ベガリアの成分比率や成分量においても特許取得中である関係上、どの程度成分を含んでいるか記載がないため本来できなければいけない摂取成分量の計算ができません。

 

ベガリアにも成分数表示されていないという欠点がありますが、他の精力剤サプリメントにおいても成分量の記載がない場合が多く、どういった成分がどれだけそのサプリメントの中に配合されているのかが分かりません。

 

ですのでやはり合わせて飲むのは危険行為です。

プロテインやHMBサプリメントの同時摂取は注意が必要

また、プロテインやHMBサプリメントと合わせて摂取する場合は、アミノ酸を過剰摂取してしまう可能性があります。

 

アミノ酸の過剰摂取とは、一体どういうことなのかというと、アミノ酸は体内に入るとタンパク質を形成します。ですので体内に多くのアミノ酸を摂取するということは、体内のタンパク質の量も増えるということになります。

 

もちろんタンパク質は筋肉を作ったり、不足してしまうと病気になりやすくなったりと、人間にとって大切な栄養素ではあるのですが、過剰に体内にタンパク質が増えると、これはこれで体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

まず、タンパク質やアミノ酸の摂取が多くなると体内でアンモニアが生成される割合が多くなるため、体臭の悪化、排尿回数の増加などの変化が起こる可能性があります。

 

アンモニアとは、人間の体にとっては有害な物質であるので、体内でアンモニアが生成されると、肝臓にて無害な尿素に変えられ、腎臓にて尿となって体外に排出されます。ですので体内でアンモニアが増えるということは、当然アンモニアを排出する行為、すなわち排尿行為の回数がどんどん増えてきます。

 

また逆に通常、排尿回数が上がらないといけないのにもかかわらず、尿の回数に変化がない場合は蛋白尿、高血糖状態になりやすく、体内にアンモニアという毒素が残ることで体調不良や疲労感、倦怠感が強くなり、酸っぱい臭さの体臭がしてくる可能性があります。これは自分以外の他人が嗅ぐと相当な悪臭です。

 

アミノ酸が含まれたサプリメントの過剰摂取も避けたほうが良いです。

 

ただし、どうしてもアミノ酸を多く摂取しなければならない場合というのがあると思います。普段からかなり体を動かしたリ、運動する場合ですね。その場合は、1日2Lぐらいの水を飲むようにしてしっかりと代謝を高めましょう。

 

代謝が上がってくるとトイレの回数も増えてきます。回数が増えたからといって我慢するのではなく、きちんとトイレに行って体内の尿を出しましょう。

 

また、アミノ酸の過剰摂取は腸内環境を乱す恐れもあります。

 

特に動物性タンパク質が体内に増えていくと、体内では吸収されずそのまま腸に送られます。

 

動物性タンパク質というのは腸内に存在する悪玉菌の恰好のエサになりますので、腸内環境が乱れ働きが悪くなり、食中毒や病気に感染しやすくなったり、発がん性物質が多く作られてしまう可能性があります。
 
ですので、こういったことを防ぐため、腸内環境を整えられるように食生活を野菜メインにするといった工夫も必要になります。

 

まとめ

ベガリアのようなサプリメントは、きちんと用法用量を守って飲んでいる限りは安全なものです。きちんと3食バランスの摂れた食事とそれに加えて、ベガリアとビタミン系のサプリメントを一緒に摂ることは、さほど問題ないでしょう。

 

しかし、サプリメントの含まれている成分で、過剰に摂取してしまうと健康に害をきたしてしまう恐れがあるものがあります。

 

普通に3食きちんと食事を摂りながらベガリアを服用するだけなら全く心配ありませんが、亜鉛やミネラル、アミノ酸などこのような成分が豊富に含まれた食品を過剰に食べたり、これらが含まれたサプリメントや精力剤、勃起薬、早漏防止薬などの併用は十分に注意が必要です。

 

ですので個人で判断して、ベガリアの他にサプリメントや精力剤といったものを合わせて摂ることはお勧めできませんし、やめた方がいいと思います。

 

せっかく健康に良い、様々な男性機能回復や男性としてのパワーを取り戻したいと願って服用しているのに、逆に健康を損ねてしまうようになっては、何のために服用をしているのか分からなくなってしまいますよね。

 

私の話になりますが、ベガリアを飲み始めた当初、少しでも効果を多く感じたいと思って他のサプリメントを併用しようと思いました。薬じゃないしサプリメントだからいいだろうと安易に考えていましたが、いろいろと調べていくうちに、自分の考えが間違いであるとともに危険な行為に及ぶところだったのだなと反省をしました。

 

過剰摂取、食事と合わせた場合のトータルでの栄養成分の過剰摂取があると健康にリスクが出てくるので、飲み合わせや食べ合わせには十分注意しましょう。

 

それでもどうしても飲み合わせがしたいという事であれば、個人で判断せず、かかりつけの医師に相談することをお勧めいたします。

関連ページ

ベガリアは本当に効果があるの?
ベガリアは精力増強サプリメントなため、薬事法に則り、100%の精力増強、ペニス増大が期待できると断言はできません。しかし、適切に摂取し、生活習慣を改善し、継続して飲んでいけば理論上はペニスサイズを少しでもアップさせられるでしょう。
ベガリアを通販で最も安く購入する方法は?【ベガリアキャンペーン分析】
ベガリア通販は定期購入はなく、まとめ買いするのが一番お得な購入方法です。5+1箱セットの合計6箱のまとめ買いをすると通常価格99000円かかりますが、合計43560円割引された55440円で購入できます。
ベガリアは飲み終わったら効果がなくなる?
ベガリアは摂取している間はその成分の効果により一定の効果が期待できますが、摂取を始めてから1ヶ月から3ヶ月のうちに飲むのを辞めてしまうと十分な効果が出ない可能性があります。
成分比率を非公開にするのは違法じゃないの?
ベガリアに含まれている原材料については公式サイトにて公開されていますので、違法ではありません。しかしながら、特許取得中なため、含まれている成分の成分量は公にできないという事情があります。
ベガリアは3箱以上のまとめ購入がお得?
ベガリアの購入に関するQ&Aです。ベガリアは1箱から6箱までのまとめ買いが可能です。キャンペーン期間中は2箱以上の購入で1箱追加プレゼントする特典がつきます。まずは体に合うかどうか試すために1箱購入いただき、問題がなければ5箱分になるようにまとめて購入するとちょうど半年飲み続けられて、1箱お得に入手できます。
既にペニス増強外科手術を受けているけどベガリアを飲んでも大丈夫?
用法用量を守って飲む分には問題はありませんが、念のために医師に相談をしてから飲んだほうが安全です。外科手術直後は精力剤サプリメントやその他のサプリメントはしばらく摂取しないほうが良いでしょう。
ベガリアの内容量や原材料名・摂取量を知りたいです。
ベガリアは1箱120粒入っており、1日4粒目安で摂取することが推奨されています。原材料名については公式ストアに記載があったものを以下にも記載しておきますので、ご確認ください。